蓼科東急ホテル最新情報

NEW!

[ 蓼科ダイアリー トレッキング ]

080611-001.jpg
八島湿原入り口より鷲ヶ峰を目指します。

フロント、蒲です。
先日、横前さんが八島湿原に行ってきましたが偶然にも同じ日に私も八島湿原に行ってきました。
と言っても横前さんは八島湿原を周遊したのに対し、私は湿原を取り囲む鷲ヶ峰という山腹を目指してトレッキングをしてきました。
標高1800mの鷲ヶ峰ですが八島湿原駐車場からの出発となりますので標高差は約160mほどです。しかし傾斜がきつい為トレッキングをするよりプチ登山と言った感じでしょうか。岩肌がむき出しになっているので気をつけながら登らないとこけそうになってしまいます。
ホテルより約500m程の高地に位置する八島湿原はまだヤマツツジですらツボミの状態でした。
トレッキングをしていると何種類かの花々を見かけましたがこれが7月や8月になると相当数の花が咲くとのことです。

080611-003.jpg
080611-004.jpg

ニオイタチツボスミレ
ウマノアシガタ

登って30分ぐらいでしょうか。左手に諏訪湖と諏訪市街を一望する事ができました。尾根を登り終えると少しの間けもの道が続きます。ひざぐらいまで草が生い茂っているので長ズボンを着用された方がいいかもしれません。
080611-005.jpg


トレッキングコースを進んで約1時間ほどで山頂の鷲ヶ峰に到着します。ここからは八島湿原を一望する事が出来、下の写真のような風景が覗けます。ここでお昼ご飯を取っていたのですがそよ風が汗を拭いとても気持ちいい時間を過ごす事が出来ました。
080611-002.jpg

先日行った横谷峡のトレッキングは自然を楽しみながらといった感じですが今回のトレッキングは高原ながらの景色を楽しめるトレッキングといったところでしょう。八島湿原はホテルより車で40分程です。

[ 蓼科ダイアリー トレッキング ]

080529-005.jpg

フロント担当の横関です。
先日、蓼科東急タウン内にある蓼科東急トレッキングコースでトレッキングを楽しんで来ました。
ホテルから車で5分程のトレッキング専用駐車場(東側)から八子ヶ峰を通りトレッキング専用駐車場(西側)まで途中八ヶ岳や蓼科山も近くに望め、蓼科の自然が満喫できるおよそ3時間のコースです。
コースの詳しい案内はこちらを参照ください。

080529-001.jpg  080529-002.JPG
     ショウジョウバカマ              ヒトリシズカ
    
トレイルには残雪もなく、花はまだ咲き始めといったところですが今回もいくつかのかわいらしい花を見ることができました。
駐車場(東側)標高1625mから八子ヶ峰山頂1834mまで200m程登り、途中ロープの張ってある急坂もありますのでトレッキングをする際は履きなれた動きやすい靴で行きましょう。
綺麗な景色は見たいけど長い距離を歩くのはちょっと辛いと言う方はビーナスラインのスズラン峠からも八子ヶ峰山頂付近に行くことができます。

[ 蓼科ダイアリー トレッキング ]

080522-001.JPG

フロント担当の横関です。
本日の蓼科は気温も22度まであがり大変暖かな1日となり気持ちが良かったので、東急ハーヴェストクラブ蓼科近くのトレッキングコース入口の展望台まで行ってみました。
蓼科東急リゾートからは車で5分、そこから歩いて5分ぐらいの距離ですが、標高が80m近く上がりますので見渡せる景色もまた変わってきます。
眼下には青々とした蓼科の自然が広がり、遠く前方には雄大な八ヶ岳を見ることが出来ます。

080522-002.JPG

この展望台にはベンチを兼ねた運動器具もありますのでハイキングの前に体をほぐしたり、雄大な景色を見ながら、体を伸ばしたり腹筋したりと心も体もリフレッシュすることが出来きます。

[ 蓼科ダイアリー トレッキング ]

080515-007.jpg
本日のトレッキングのゴール地点、王滝の麓

フロント、蒲です。
今日は久々に横谷渓谷にトレッキングに行ってきました。今の時期は新緑も綺麗で野鳥の鳴き声やムラサキケマンなどの植物も豊富に見ることが出来ます。横谷渓谷のトレッキングは乙女滝から始まり霜降りの滝や一枚岩を通って王滝展望台まで行くのがスタンダードのコースです。坂もきつくなく途中で舗道などもあることから初心者の方にもチャレンジしやすいコースと言えるでしょう。
080515-002.jpg
トレッキングのスタート地点、乙女滝

横谷渓谷では渓谷の谷間を歩く形でのトレッキングになります。乙女滝から上るルートでは右手に川のせせらぎを感じる事が出来、左手には岩肌から染み出る水の恩恵を受ける苔や、杉林などを楽しめます。新緑や川から飛んでくる水の飛沫がとても気持ちいいです。


左側に広がる杉林
苔も陽光で輝いていました

今回のトレッキングは王滝展望台に行く道を途中で外れて、一枚岩から王滝の麓に分岐する中級車向けのトレッキングコースを歩いてみました。途中で丸太の橋を渡りますがここから先は非常に歩きにくい上に、岩肌から染み出る水で非常に滑りやすくなっています。
080515-003.jpg
この丸太橋が王滝の麓まで行くトレッキングコースの目印です。

注意深く歩きながら山を登って行くと一番上の王滝の麓に出ることが出来ます。展望台から見る王滝よりも迫力があり厳しい道を進みながらもこの景色がみてしまうと疲れも飛んでいってしまいました。

[ 蓼科ダイアリー トレッキング ]

080119-001.bmp

フロント、蒲です。
今日は再び東急トレッキングコースの展望台まで行ってきました。以前行った時は八ヶ岳が雲に隠れてしまっていましたが本日はご覧の通り、蓼科全景が見渡せるぐらいの好天でした。トレッキングコースも以前と比べて雪も溶け非常に歩きやすくなっています。こうして見てみると八ヶ岳と一言で括ってもたくさんの個性的な山で構成されているのが分かります。最近は雪が降っていないので多少見劣りはしますがいつみても飽きない風景です。


080119-002.bmp
八ヶ岳の主峰、赤岳と阿弥陀岳。

[ 蓼科ダイアリー トレッキング ]

071230-001.jpg

フロント、蒲です。
本日は朝から本格的な雪です。ビーナスラインを上るにつれ雪の勢いは増し、東急リゾートタウン敷地内の路面はほぼ積雪しております。非常に滑りやすいのでお越しの際は必ず冬タイヤを装着の上、安全運転でお越しください。
今日はお昼過ぎに東急トレッキングコースの展望台まで行ってきました。東急の敷地内と八ヶ岳を見渡せる展望台ですが、本日は残念ながら八ヶ岳が雲に隠れてしまい麓部分しか見ることがかないませんでした。(写真、中央下に写っているのがプライベートガーデンのからまつ池です)
それでも展望台から眺める雪景色はからまつ池展望台のそれと比べても遜色ないぐらいの迫力があります。快晴の時にもう一度チャレンジして冬の八ヶ岳の全貌を撮ってみたいと思います。

071230-002.jpg
この展望台は蓼科東急リゾートより1kmほど奥にある会員制ホテル「東急ハーヴェストクラブ蓼科」の駐車場よりトレッキングコース入口に入り徒歩5分ほどの距離にあります。
まだ誰も踏んでいない雪道を歩くのは心地よく童心に戻ったかのようでした。新雪は踏むと「ギュッギュッ」という音がします、それがまた楽しかったりするものです。

[ 蓼科ダイアリー トレッキング ]

071213-001.JPG

フロント 藤田です。
本日の蓼科は一日中雨が降っており、あいにくの空模様でした。プライベートガーデンを歩いていると、ふと霧に包まれている上の方はどうなっているんだろうと思い、車でトレッキングコースの入口まで行って見ることにしました。

071213-003.JPG

約1600?のトレッキングコース入口に行く途中、少しずつ道路に積雪が増えてきました。恐る恐る入口までたどり着くと、雨が降っているものの道の雪は消えておらず、約1300?のホテル付近とは300?違うだけで、こんなに変わるのかと不思議に感じました。

071213-002.JPG

<< 12345|6|7 >>

蓼科東急ホテルへのお問い合わせ
お電話の方0266-69-3109
インターネットの方お問い合わせメールフォーム をご利用下さい。

HOME > 蓼科東急ホテル最新情報 > トレッキング



このページの先頭へ