蓼科東急ホテル最新情報

ニッコウキスゲ速報

[ 蓼科ダイアリー ニッコウキスゲ速報 ]

090725-01.JPG

フロント担当の岩村です。昨日、車山肩にニッコウキスゲを見に行きました。ちょうど2週間前に訪れたときにはだいぶ咲き始めていたので、もうピークは過ぎているかな・・・と思いながらビーナスラインを走っていくと、車山に近づくにつれ、道路沿いからもたくさんの花が咲いているのが見えました。

私は去年にピークの時期を逃してしまったので、こんなに花が咲いているのを見るのは初めてでした。車山肩の駐車場は、夏休みに入った方が多いのか、平日だというのに多くのお客様で賑わっており、散策路の中を歩くと間近にたくさんの花を見ることができました。歩道の向こう、そのまた向こうにも広がる一面の花畑は、まさに絵になる風景でした。

 

090725-02.JPG

ただ、車山肩はホテルよりも標高が高く、風のある日は半袖では肌が冷え切ってしまうくらい涼しいので、お越しになる際は薄手の上着をお持ちください。今月いっぱいはまだまだ黄色の絨毯をお楽しみいただけます。

 

[ 蓼科ダイアリー ニッコウキスゲ速報 ]

 

090713-001.jpg

フロント担当の横関です。本日の蓼科はお昼前に少し雨が降り、雲の多い1日となりました。

7月中旬といえば車山のニッコウキスゲ。お客様からの問い合わせも増えて来ていますので、久しぶりに車山に向かいました。あいにくのお天気ではありましたが、車山に近づくとニッコウキスゲを見に来ているたくさんの大型バスとすれ違います。

まずは車山高原リフト乗場より更に先の富士見台展望台に向かいました。小高い丘を登っていくとすぐに一面に鮮やかなオレンジ色したニッコウキスゲが見に入りました。何度見ても爽快な風景です。ここの散策路は少し急で滑りやすいので注意が必要ですが、道幅が狭いのですぐ近くに花を見ることが出来、撮影には適したスポットです。たくさんの方がカメラを構えニッコウキスゲと向かい合っていました。

090713-002.jpg

更に車山肩まで車を進め、こちらのほうが広い範囲でニッコウキスゲを見ることが出来ます。散策路もあるのでハイキングも楽しめます。本日も十分見ごたえがありましたが、まだまだ蕾も多く、少し登って標高をあがると更に蕾が目立ってきますので今週末辺りが良さそうです。この車山肩から霧ヶ峰方面に500mぐらいの間はビーナスライン沿いに一面に広がるニッコウキスゲが車窓からも楽しめます。

運転と天候に気をつけて是非この魅力あるニッコウキスゲの群生を楽しみに来て下さい。

[ 蓼科ダイアリー ニッコウキスゲ速報 ]

090701-001.JPG

 

フロント、蒲です。

先日、車山高原のビーナスラインをドライブした際にポツポツと黄色い花が見えたので車を停め見に行ってみると遂にニッコウキスゲの開花を見つけました。

 

ニッコウキスゲといえば車山肩周辺が一番のスポットですがこちらはまだまだレンゲツツジが我が物顔で咲いています。ニッコウキスゲが咲くのはおおよそ2週間後ぐらいでしょう。

 

それでも今年はニッコウキスゲの群生を見るのは例年より早い気がします。この時期は1輪づつぽつんぽつんと咲いていましたが今年は車山の尾根部分に黄色いニッコウキスゲの群生を確認できます。

 

ニッコウキスゲが咲いているのはメロディロード周辺です。

是非とも右手側の高原に注目してみてください。

[ 蓼科ダイアリー ニッコウキスゲ速報 ]

080730-001.jpg

フロント、蒲です。
車山高原から霧が峰高原に至る途中にある車山肩のニッコウキスゲですが未だに見頃が続いています。
連日車山肩の駐車場は満車が続いており、全国的にも有名な黄色い花の絨毯と化した車山肩は蓼科の今一番のホットスポットと言ったところでしょう。
去年何度か訪れた車山肩ですが今年はなかなか足を運ぶ事が出来ませんでした。先日行ったときには既にピークが過ぎているかなと思っていたのですがどうやら杞憂に終わったみたいです。
ニッコウキスゲですが8月上旬まではまだまだ感動的な景色が見れそうです。但しニッコウキスゲは朝方花を開き、夕刻には花がしぼんでしまいます。
綺麗な傘型に開いているニッコウキスゲを見るならば朝方から昼過ぎに行かれることをお勧め致します。

080730-002.jpg

[ 蓼科ダイアリー ニッコウキスゲ速報 ]

080719-02.jpg

フロント担当の岩村です。
本日の蓼科は一日中よく晴れ、連休の初日にふさわしいお天気となりました。

昨日、車山方面へ足を伸ばしてみたところ、ニッコウキスゲがまさに見頃を迎えていました!車山展望リフト乗り場よりさらにビーナスラインを進んだ霧ヶ峰富士見台というところに車を停め、道路の向かいある遊歩道を登ってみたのですが、30mほど登ったところでふと後ろを振り向くと、一面黄色のじゅうたんとなったニッコウキスゲを見ることができました。今年は花の咲きそろう時期が遅れているということで、まだあまり咲いていないかな・・・と心配していたのですが、予想以上に花が咲いており、その光景には感動しました。
私が訪れた場所よりもさらに100mほど先の車山肩と呼ばれる場所には、さらに広大なニッコウキスゲの群生地があり、そこの遊歩道から眺める景色も素晴らしいそうです。

3連休、夏休みといった絶好の機会に、ぜひ一度ニッコウキスゲを見にお出掛け下さい。私もシーズン中に今度はぜひ車山肩を訪れてみたいと思います。

080719-01.jpg

[ 蓼科ダイアリー ニッコウキスゲ速報 ]

080621-001.JPG
後ろに写っているのは白樺湖と蓼科山です。

フロント、蒲です。
昨日、入笠山に行った後に車山高原に足を運びました。
そうしたら白樺湖より車山高原の入り口あたりの道路にポツポツと黄色い大きな花が咲いていたのでもしかしたら…と思い見に行ってみると去年より少し早くニッコウキスゲが咲いていました。
ニッコウキスゲはラッパのような形がとても印象的で7月中旬になると霧ヶ峰の車山方を中心に一斉に咲き誇ります。高原が黄色に染まるのはとても綺麗です。青空に映えるお花ですね。
車山高原で咲いていたならばホテルのプライベートガーデンで咲くのもそろそろだと思います。そう考えるとまた楽しみが増えました。

霧ヶ峰では現在レンゲツツジがピークを迎えています。
080621-002.JPG

[ 蓼科ダイアリー ニッコウキスゲ速報 ]

070729-001.JPG
ニッコウキスゲと霧ヶ峰湿原から湧き立つ雲

つい先日まで今日は雨の天気予報が出ていた蓼科ですが、夕方になっても雨が降る気配がありません。気温が上昇し蓼科の玄関口、茅野市内で気温が31℃まで上がりました。

今日は再びニッコウキスゲを見に霧ヶ峰高原へ行ってきました。朝7時20分頃に車山肩の駐車場に着きましたが、既に満車状態。先週の反省を踏まえ(先週行った際は8時の段階で駐車場が満車でした)、今日はスクーターで出かけたので、駐車場を気にすることなく停めることができました。それにしても朝7時過ぎからこの高原でこれだけの人が散策を楽しんでいるなんて不思議な気持ちです。冬は昼過ぎでも人影の無い場所です。>>冬の車山肩の様子はこちら

今朝の霧ヶ峰上空は青空の割合が8割くらいなのに対し、霧ヶ峰湿原から沸き立つ雲がちょうど太陽の周りを覆い隠し、たった2割の雲のおかげで写真を撮るのに苦労しました。霧ヶ峰湿原から湧き出る雲の様子が1番目の写真です。どうしても撮影したい画があったのですが時間が無く、日が出るのを待つことができず、日の当たっているところだけを撮影して早々に切り上げ、投票所へ向かいました。

070729-003.JPG
あと1週間はこの咲き誇る様を楽しめるのではないでしょうか。

070729-004.JPG
ニッコウキスゲはご覧の通り、今ピークを迎えています。

 1|2 >>

蓼科東急ホテルへのお問い合わせ
お電話の方0266-69-3109
インターネットの方お問い合わせメールフォーム をご利用下さい。

HOME > 蓼科東急ホテル最新情報 > ニッコウキスゲ速報



このページの先頭へ