蓼科東急ホテル最新情報

プライベートガーデン内のからまつ池展望台からの様子です。

NEW!

[ 蓼科ダイアリー からまつ池展望台 ]

091208-001.JPG

フロント本郷です。
本日の蓼科はお昼も比較的暖かく
過ごしやすい一日でしたが、夕方あたりからぐっと気温が
下がり肌寒く感じました。

本日のお昼休みにからまつ池をぐるりとお散歩しました。
本日は休館日のため、辺りには少しだけ寂しい雰囲気が漂って
いましたが、蓼科の空は綺麗に澄み渡り八ヶ岳もはっきりと見ること
がができ、川のせせらぎや小鳥達の鳴き声を聞きながら
ゆったりとした時間を楽しみました。


蓼科を訪れのお客様はこのリゾートならではのゆったりと過ぎてゆく時間
を是非お楽しみ下さいませ。

[ 蓼科ダイアリー からまつ池展望台 ]

091201-001.jpg

 

予約担当の蒲です。

今日の蓼科は早朝の曇りの天候から一気に回復し8時にはクレヨンの空色で描いたような真っ青な空が覆っていました。

冬の澄んだ空気では時折そのような空を眺めることができます。

全ての空のお手本のような空色。今日はそんな天気な蓼科でした。

 

そしてそのような日になると大抵雲海を眺めることができます。

ホテルまで向かう東急の私有地を走っていると南アルプス方面に巨大な雲海を眺めることができます。木々の切れ間からそのような雲海を眺めるのですが、とあるカーブに差し迫るとそこだけポッカリと空間が開け雄大な南アルプスとその山麓付近に広がる雲海を眺めることができました。(具体的にいうとビッグウイークの入り口手前のカーブです。左手側にほんの少し南アルプスを見渡せる空間が広がっています。)

ただ残念なことは私有のデジタルカメラにメモリーカードが入っておらず写真に収めることができなかったことです。素晴らしい景色だったので是非とも紹介したかったのですがとても残念です。

 

今日の写真は社有のカメラでからまつ池展望台から眺める八ヶ岳を撮ってみました。

お昼を過ぎると雲が出てきて八ヶ岳を多少隠してしまいました。八ヶ岳に雪が被ってもう1ヶ月ほど経とうとしています。蓼科では何度か雪が降り12月を迎え長い冬の季節がすぐそこまで迫っています。

これから八ヶ岳はどんどん雪を被りその山麓まで白く染めることでしょう。

猛々しい八ヶ岳から凛々しい八ヶ岳へと姿を変える。

そんな季節がすぐそこまで迫ってきています。

2009/11/09

山のなまえ

[ 蓼科ダイアリー からまつ池展望台 ]

IMG_0516_1.JPG

 

フロント担当 大西です。
今日は穏やかな晩秋のお天気となりました。
例年に比べ紅葉が早めに始まったこともあり、ホテル周辺も
そろそろ冬の装いに変わりつつあります。

本日チェックアウトされたお客様より
「からまつ展望台から見える八ヶ岳連峰のそれぞれの名前」
についてご質問を頂戴いたしました。
私たちスタッフが毎日眺め、また季節ごとの表情をお伝え
している山であるのに、ひとつひとつの山の名前をすぐに
お伝えすることができずにおりました。
そこで、今日の写真はそれぞれの山の名前を表記してみました。

ご参考にしていただき、日々刻々と表情を変える八ヶ岳をお楽しみください。

 

 

[ 蓼科ダイアリー からまつ池展望台 ]

091019-01.JPG

フロント担当の岩村です。本日の蓼科は雲一つない快晴で、一日中爽やかなお天気でした。こんな日には展望台から八ヶ岳がさぞかし綺麗に見えるだろうとワクワクしながらプライベートガーデンへと向かったところ、期待通りに八ヶ岳がその姿を現していました。

一枚目の写真はいつもと同じアングルですが、少し後ろに下がって松の木や展望台もフレームに収めると、八ヶ岳の見え方が少し違ってきます。私がいつも写真を撮っているのは、ちょうど写真の中央下に見える展望台の角からです。

091019-03.JPG

いつ見ても、何度見ても飽きの来ない八ヶ岳。その雄姿が見られるからまつ池展望台は、ぜひ足を運んでいただきたいホテルの自慢のスポットです。

展望台のすぐ脇を通るつつじの小径では、ドウダンツツジの紅葉がピークを迎えています。対してカラマツの黄葉は色づき始めたばかり。黄金色の絨毯が山全体に広がるにはまだ少し時間がかかりそうです。

091019-04.JPG

[ 蓼科ダイアリー からまつ池展望台 ]

091001-001.JPG

 

フロント、蒲です。

本日より10月になりました。今年も残り3ヶ月、早くも1年の3/4が終わってしまいました。

蓼科はすっかり秋の様相です。メルヘン街道沿いの田園も黄色く染まり豊潤な稲穂が今年も出来上がっています。

蓼科では標高2000mの白駒池より紅葉が始まりますが既にピークを迎えつつあります。

からまつ池展望台からは八ヶ岳連峰が変わらぬ姿を見せてくれます。先月あそこに登ったんだなぁと思うと妙に親近感を湧かせてしまいます。外から見る八ヶ岳もとても魅力的ですね。まだまだ早いですが八ヶ岳が雪冠するのが今から楽しみです。

 

 

[ 蓼科ダイアリー からまつ池展望台 ]

090805-06.JPG

フロント担当の岩村です。本日の蓼科は夏晴れの一日となり、日中は28度まで上がりました。夏特有の大きな雲が空に浮かび、こんな暑い日には夕立が来そうだなと思っていたのですが、夜19時頃にはやさしいピンク色の夕焼けがリゾートタウン全体を包み込んでいました。写真を撮りたかったのですが、カメラを取りに戻ったらもう日がすっかり落ちてしまいそうだったので、その景色は目に焼き付けるのみにしました。

写真はいつものプライベートガーデン展望台からのショットですが、縦に構えてみるといつもとは少し違った風景になります。

暑いけれど、爽やかな空、爽やかな風。
大好きな蓼科の夏がようやくやって来ました。

[ 蓼科ダイアリー からまつ池展望台 ]

20090715.jpg

フロント担当、岡田(真)です。

今日の蓼科は朝から青空が広がり初夏の陽気となりました。
お昼過ぎには気温も26℃まであがりプライベートガーデンを
散策していても汗ばむ一日となり、本格的な夏到来の予感です。

四季折々でいろんな表情を見せてくれるプライベートガーデン
からまつ池展望台からの八ヶ岳を見ていると、
時間も忘れ大自然に包まれているように感じます。
私はここからの景色が大好きです。
いつでも変わらないでそこにある景色。
雨の表情、霧に包まれた表情、青空の中堂々とした表情、
毎日違う表情を見せてくれる場所です。そんな自然の大きな力に
毎日元気を貰っています。

ホテルに訪れるすべてのお客様にぜひ一度は足を運んで頂ければと思います。
写真では伝えきれない自然の偉大さを肌で感じて頂けるとおもいます。

<< 12|3|45678 >>

蓼科東急ホテルへのお問い合わせ
お電話の方0266-69-3109
インターネットの方お問い合わせメールフォーム をご利用下さい。

HOME > 蓼科東急ホテル最新情報 > からまつ池展望台



このページの先頭へ